今後の5~10年は、①主要産業の融合、②ITインフラの持たざる化、③エネルギー環境の大変革、④医療・ヘルスケア産業の変化、⑤日本の政治環境の大変化、⑥グローバリゼーション、⑦プロダクト・ライフサイクルの短縮化、⑧技術の高度化・複合化の8つの大きなうねりが進む。これらの環境変化に対応すべく、2015年、2020年までの将来シナリオ予測と、それらを踏まえたあるべき将来事業像(事業ポートフォリオとビジネスモデル/ビジネスポジション)の再検討、並びにイノベーション・インフラのオープン化によるR&D・事業開発の加速化が必要。
これまで以上に「巨視的な視野を持った総合的な戦略」が重要となる。

ビジネスモデル革新 画像1

TOPへ