Services

新興国展開支援

従来の日本企業における中国展開には、以下のような問題が存在する。また、事業部毎の個別展開、既存事業の延長線上の人的ネットワークを通じた展開が主流であり、全体戦略が不在のケースが目立つ。中国展開においては、政府による産業育成の全体像を俯瞰した上で、対中戦略を決めていく必要がある。

日本企業に共通する競争力を落とす要因と、中国展開における対応策の一例

  • 投資

    大規模投資・経営判断の遅れ

    市場発生・拡大時期・技術トレンドを吟味した上での
    迅速な事業機会の判断

  • 価格

    価格競争に勝てない

    地元企業との提携による低コスト化実現

  • 販売

    海外市場でのマーケティング不足

    ターゲットの絞り込みと、対象顧客層にマッチした
    企業部ランディング

  • 政府支援

    政府による海外展開・産業発展の
    優遇施策の不足

    現地企業との提携・合弁会社設立による
    地方政府の優遇策の教授

  • 知財漏洩

    人材流出等による技術漏洩

    国別の商習慣・人材管理の適正化、
    知的財産保護への対策等

  • 技術標準

    自国に有利な技術標準化による
    事業機会の損失

    業界の権威的R&D機関・研究者との提携による
    技術標準策定プロセスへの関与

プロジェクト例